2018年9月13日 更新

若者に人気のタピオカドリンク店「ゴンチャ」が横浜にNEWOPEN!!早速行ってきました★

今年6/22にOPENしたゴンチャ横浜西口店。まだOPENして約1か月半にもかかわらず、たくさんの人がゴンチャを求めて来店するそうです★筆者もその一人として、実際に飲みに行ってきました!! 記事担当:インターン/仁上

149 view お気に入り 0
 (1248)

そもそもゴンチャって何??

台湾生まれの人気タピオカドリンク店ゴンチャ

実は、筆者が初めてゴンチャのタピオカドリンクを飲んだのは韓国の明洞店だったのでゴンチャは韓国生まれなのだと思い込んでいました……。しかし、ゴンチャの公式サイトによると、なんと、「台湾南部に位置する台湾第二の都市・高雄で2006年に誕生」したとのこと。そして現在では世界に1400店以上もあるそうです。また、ゴンチャの名前は、「貢ぐ茶、『貢茶(ゴンチャ)』」が由来だということです。

ドリンクメニューはなんと27種類!

 (1325)

ゴンチャのドリンクは、オリジナルティー、ゴンチャ・スペシャル、ミルクティー、ティー・エード、ジュース、スムージーの6つのジャンルに分けられています。その総数は、なんと27種類。行くたびに新しいメニューを楽しめるのも魅力です。

カスタマイズもできる!注文の仕方をご紹介!

ゴンチャ最大の魅力は「My Gongcha」と呼ばれる、タピオカドリンクのカスタマイズ。ベースとなるティー、ホット/アイス、ドリンクの甘さや氷の量、トッピングの追加など、自分の好みに合わせていろいろな組み合わせを楽しむことができます。

注文の仕方をご紹介!

それでは、注文の仕方をご紹介します!
1、 ドリンクを選ぶ
ベースとなるのはゴンチャオリジナルのジャスミングリーンティー、ウーロンティー、ブラックティー、阿里山ウーロンティー。そしてこれらをベースとしたゴンチャ・スペシャル、ミルクティー、ティー・エード、ジュース、スムージー。まずは、この中からドリンクを決めます。

2、 サイズを選ぶ
アイスのサイズは、S・M・Lの3種類。ホットのサイズはS・Mの2種類です。
3、甘さを選ぶ
甘さは、ゼロ、少なめ、ふつう、多めの4段階です。ベースを甘いドリンク(ミルクティーなど)にした場合は、ゼロ~少なめ、苦みのあるドリンク(ジャスミングリンティーなど)にした場合は、ふつう以上がおすすめです!
 (1301)

画像はGongcha公式サイトより
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ファイブマガジン編集部 ファイブマガジン編集部